モニターで4K映像を最大限活かす方法【HDR編】

普段からよく見るテレビやゲーム映像。

せっかく4Kのテレビを購入したのにその4Kを十分に活用せず、生活にとりいれるための方法がわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

入力デバイスが多い方、この記事を見てより4Kで高画質なHDR映像を見るための準備をしていきましょう。

 

読み終わったあとにはHDR設定をテレビ側とデバイス側でペアリングする必要があることがおわかりいただけると思います。

 

HDR設定がまだな方は必見です。

 

 

HDR ・・・ high dynamic range

ハイダイナミックレンジの略

 

カラーテレビでは最も高画質化してくれる技術。

 

 

 

HDRを発揮させるためにはモニターが必須。テレビを購入するときにはHDR対応のモノを選ぶことが必要になってきます。

 

今後HDRを最高に楽しむ一つのカギになることは間違いないことであります。

 

何はともかくまずHDR対応のものを選びましょう。

 

テレビのHDRは従来のスタンダードテレビシステムよりもより広い明暗差を表現するための新しい規格でもあります。

 

HDRは自然界の明暗差をナチュラルにそのまま表現するためにテレビやモニターなどディスプレイでより高画質を表示するためのもの。

 

自然をみたまま肉眼で表現するためには高度な画像処理が必要。明暗差がわかりやすくでるHDRが必須。

 

夜景や森林などの太陽をバックにした木漏れ日など、背景とのコントラストが高い場面での明暗がはっきり出る。

 

 

HDR搭載テレビを購入した方は正解です。


 

 

それではHDRを表示させるためにはどういった設定が必要になって来るのか。

 

結論はこれらHDRを表示するためにテレビ側の設定とデバイス側の設定の両方をHDR設定する必要があります。

 

 

例えばPS4(プレーステーション4)などではHDR設定できる仕様になっています。

 

注意点としてはPS4Proを購入すること。

 

HDRは4K対応テレビで大きく力を発揮するシステムなので4K対応のPS4Proと4K対応のテレビが必要。

 

従来のテレビはSDR(スタンダードダイナミックレンジ)と呼ばれ、SDRのテレビではPS4ProのHDRは入力信号を十分に発揮できない仕様となっている。

 

 

HDR出力するためには

テレビHDR対応    +     デバイスHDR対応

 

せっかく4KテレビHDR対応を購入したのに、テレビの設定でHDRを設定せずに通常モードでゲームをしてしまっているユーザーはいないでしょうか。

 

私は4KテレビHDR対応のテレビを購入したのですが繋いであるPS4は当然自動で4KHDRになると思っていました。

 

テレビ側の設定でレグザだと「高速信号モード」にしないと映像を高画質化できません。

 

 

これはよくある事例で勘違いしている方も多いパターンです。

 

 

 

次に両方を設定したにもかかわらずテレビとPS4Proの接続でHDR化できない場合はHDMIケーブルを確認してみてください。

 

この点も間違いやすい所です。

 

ケーブルはなんでもいいというものではなく4KでHDRの表記がされているHDMIを選ぶ必要があります。

 

 

 

 

テレビ側の設定方法


 

 

 

 

外部入力設定

HDMIのモード選択

現在の設定値をHDRモードに(高速信号モード)

*これはレグザの設定方法となります。

 

 

 

PS4側の設定方法


 

 

 

 

 

 

 

設定を開く

サウンドとスクリーン

映像出力設定

解像度とHDRとDeepcolor出力をすべて自動モードにする

 

 

HDRシステムは現代において最も進んでいる技術でもあります。

 

必ずチェックしておきましょう。

 

 

 

 

アンプにPS4とスピーカーを繋ぐと5.1ch音質で高音質

さらにHDRで表示するというとても高いクオリティーを持ったシステムを構築することもできます。

 

 

 

 

HDR対応ゲームでHDR映像を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

2021年05月30日|デジタル家電:デジタル家電