ミニスマートWifiプラグ/HS105の使い方

ミニスマートWiFiプラグ/HS105



HS-105はWiFi環境を利用して操作する家電自動制御デバイス。
Alexaやgoogleアシスタントに対応させ「アレクサ蛍光灯つけて」や「OKグーグル加湿器つけて」などと音声でONOFFできたり、kasaアプリをダウンロードしてスマホやタブレットから操作できるコンセント型スマートデバイスです。


理想としていたお家のスマート化。コレを使うと簡単に家電が制御できます。

 

 

TP-LINK Technologies Co., Ltd.は、中華人民共和国深圳に拠点をおく、SOHOおよびSMB向けのネットワーク機器を製造・販売企業。 WLANおよびブロードバンドCPEデバイスを製造しており、公式サイトではユーザー数が数百万人に上るとしている。

wiki

 

 


現在、家庭用でIOT化できる製品は限られていますが、まだまだ発展の可能性は大きく、注目されている業界です。

 

 

特徴



スマートフォンを利用してデバイスからお家中の家電を操作できる。
HS105を家に設置されているwifiに接続することでアプリkasaからコントロールする事が可能になります。
複数の自分で付けた名前のプラグをアプリ内で一括管理することも可能ですので足りなくなったときは追加することもできます。
アプリはスマホやタブレットにダウンロードすることで使えるようになりネットワークがつながっていれば外出先からだって操作可能。

またライフワークにあわせてスケジュールを組むことができて外出中でも無人であることを悟られる心配がありません。スマホがリモコン代わりになってアプリから遠隔操作で電源のONOFFできるようになります。


設定はkasaアプリで行えるので面倒な操作はありません。
旅行などで長時間お家を空けるさいでもお家に誰かがいるように思わせ、空き巣などを減らしセキュリティーの向上につなげます。

デザインは白を基調としコンパクトなデザインです。

 


注意点


 

 

 


スマートコンセントのプラグが特殊なのでノーマルの壁コンセントや電源タップではプラグを差すことができません。
なのでN極が大きいタイプのプラグなので、片方の刃が大きい差し込みプラグに対応した電源タップをこの際購入しておきましょう。
私はgoogleアシスタント対応デバイスの「スマートスピーカー」を持っているのでkasaアプリと連携させて音声でも家電をONOFFできるように設定しました
いまどきの製品は起動するのに、従来の凹凸押しボタン式ではないです。

凹凸ONOFFスイッチがついている物は少なくなってきています。

いまはボタンがついでいてもONOFFに制御機能がついているものが殆ど。
なのでON状態でコンセントからプラグを引っこ抜いてみて再度差し込んだときに起動すればこのスマートプラグで使える製品かを見極めることができます。
引っこ抜いて再度差し込んだときに起動しなければ使えないと言うことになります。←ただの一口コンセントと化す。

 

 


まとめ



上記より
①スマホやタブレットを所持している人
②IOT化を体験してみたい人
③セキュリティーの向上を目指している人
はこのスマートプラグを導入した方がいいと思います。

アプリをダウンロードしたら設定へ進む。設定はスマホで案内されたとおりに進めていくだけ。
家電が凹凸押しボタンスイッチ式の物かを必ず確かめておいてください。
また安価なのでとても人気です。

現在この型式の物は手に入りにくくなっているみたいです。
見つけた際には早めに購入したほうがいいかもしれませんね。


使えない物の例
PC、PS5、エアコン、押し込み式電源スイッチ以外のテレビ、LED照明器具(スマートスピーカー経由では可)、一部の加湿器


使える物の例
一部の加湿器、蛍光灯照明、一部のケトル、一部のテレビ、PCモニター、スマホの充電、扇風機、

基本的にはプラグは差したままで使うのがベター。

コンセントから付けたり外したとしても面倒な再設定はありません。

すぐに自動接続して使えるようになっています。

またコンセント付近にいるときでもプラグ自体にスイッチがついているので手動操作もできます。

あまり使いませんが、メンテナンスなどで活用してみてください。

 

 

関連記事

wi-fi繋がらない、簡単な対処方法

 

 

 

 

 

 

 

 


2022年02月11日|デジタル家電:デジタル家電